部屋を暗くしてF11ボタンで全画面表示にすれば映画館気分!?

2007年10月02日

思い出とリベンジの高知で復活!?

股間〜♪

いや、お股〜・・・・・お待た♪

あ、いかん、親戚に見られてんだった。(笑)




な〜んかいつまで経ったも高知遠征報告に取り掛かれなくて、

高知遠征報告に取り掛かれなかったらその後の報告にも取り掛かれなくて、

その後の報告に取り掛かれなかったらその後の調査にもいけないんで、

パパッと高知遠征報告書いちまいます。




そもそも3月からずっと竿握ってなくて、

なんで突然高知で復活なんだよって思ってますよね?

















思ってません?












思って!

説明させて!(笑)










ナニを隠そう、前を隠そう、

03年から毎年高知よさこいに一人で行ってまして、












え、なんで一人でなんだって?

寂しい奴だって?













だって、だって

















母親に「あんたはもう一生結婚できない」って断言された。

でもそんなの関係ねぇ!
でもそんなの関係ねぇ!
でもそんなの関係ねぇ!
はい、オッパッピー♪

って、一応流行りネタなんか取り入れてパワーアップしてきたとこをアピール♪












せっかくの高知よさこい見物だから女性を誘うには打ってつけなんだけど、

高知に行ったらやっぱり太平洋を見ないわけにはいかないし、

太平洋を見たらやっぱり釣りをしないわけにはいかない。

ガルルルルル









しかも、早起きして太平洋で朝マズメ迎えて午後からよさこい見て夜に帰るなんて、

辛すぎ!

高知道は途中1車線になるしね。

危ない、危ない。




それに、よさこい全国大会は毎年8月12日なんだけど、

8月12日の晩って毎年なんちゃら流星群がピークを迎えるんですよね〜。

だったら太平洋のそばに車泊めて寝転がって、

波の音を聴きながら流星群を見上げていたいじゃないですか。

ん〜、なんてマロングラッセ♪

(久々のこのネタもいいでしょ?笑)




てなわけで、それだけ話すとロマンチックで女性誘えば一発で落とせそうなんだけど、

現実には車中泊して、

日の出前に起きて、

午前中釣りで歩き回って、

午後からよさこいで歩き回って、

しかも風呂入ってないわけですから。

連れて歩けませんよね。

だから男友達さえも誘わずに一人で行ってるんです、はい。





ここで、過去の高知遠征短編集〜♪

03年が初のよさこい+釣り旅行だったんだけど、

ほとんど思いつきで行ったからポイントがわからない。

とにかくナビで目に付いた仁淀川へ。

河口からちょっとずつラン&ガン。

ちょっと投げては車で移動の繰り返し。

そうこうしてるうちに中流まで上ってしまい、

そこでみつけた複数の導流提周辺を入念にチェックすることに。

なんせ速い流れがカーブしていて、いかにもベイトが溜まりそう。


対岸の川原でファミリーがキャンプしてるのを眺めながらキャスト、キャスト、キャスト。

「こんなとこまでシーバス上って来てんのかなぁ。」

「潮止めはなかったみたいだから、上って来ないはずはないんだけどなぁ。」

ベイトは確かにそこそこ居て、シーバスが上って来れるなら居てもおかしくなさそう。


流れに向かって突き出した導流提を次々と移動しながら、

ここぞという所を四方八方、月亭八方、後ろから前から攻めまくる。

残る導流提もあと2本。

そろそろとコンコンとアタリでもないとドナドナの歌が口から出てきそうだ。


ウィ〜ン、ウィ〜ン。

なんだ、この忙しいときに電話かよ。

忙しいっていってもキャストしてるだけだけど。(笑)


「はい、もしもし〜♪あ、いま高知で釣り中なんですよ〜♪

いや、よさこい観に来たんですけど高知に来たらやっぱり、おわっ!」

アタリどころかまさかのバイト!

電話しながらキャストしてたんだけど、

左肩と耳に挟んだ電話を挟みなおした瞬間にルアーがバランスを崩したからか、

喰ってきたのだ。


「喰った、喰った!あ・・・・おわ・・・・ちょ、ちょっと待ってください!」

肩と耳に携帯を挟んでる状態で首を左にかしげたまま両手でロッドとリールを操作する。

対岸から見たら絶対怪しい動きだ。

「あ、なんか大変そうだから切ろうか?」

明らかに不機嫌そうな電話の声にやばいなとは思いながらシーバス優先♪

「すいません、そうしてもらえます?釣れたら報告しますから。」

そこは「掛けなおしますから」だろ。(笑)


ぷちっ、ぷー、ぷー、ぷー・・・・・・。

なんと、電話が切れたと同時にシーバスもバレてしまった。

電話の音がまさに釣り人の心境を代弁していた。


60cmくらいの手応えだったけど、その後はアタリもなし。

電話してる最中にヒットしたこと自体が前代未聞の仙台カモンだけど、

よりによって初高知遠征でならなくても。。。。。。。

電話のせいで痛恨のバラシって悔しいのなんの。

この事件のせいで「絶対高知シーバス釣ってやる!」とリベンジを誓ったのでした。




翌04年。

釣れる場所はわかった・・・・というより、バラシた場所でリベンジしたいのが本音。

朝マズメを仁淀川河口で過ごした後は03年と同じエリアへ直行。

状況はほとんど同じだったけど、無反応。

それがまた昨年の悔しさに輪をかける。


「絶対高知シーバス釣ったる!」

まだ時間があるので水辺沿いをあっちへこっちへ。

撃沈。。。。。。。。




05年。

意地でもシーバスを釣ってやろうと、初の高知ナイトゲームを敢行。

しかも雑誌で下調べをし、仁淀川よりももっと細い市街地河川の国分川で必勝態勢。

ここぞという所で地元ルアーマンを発見し、さらに自信を持って挑む。

夜空が薄っすらと明るくなり始めた頃、水面がそこらじゅうでモヤモヤし始め、

そのうちナブラが経ち始めた。

「釣ったも同然♪」

連発するナブラめがけてキャストを連射。

なにやらコツコツとアタリらしきものはあるけどルアーに乗ってこない。

「ちびっこか?」

ミノーからポッパー、バイブレーションといろいろ手を替え品を替えするが載らない。

「ちびっこならルアーのサイズダウンで」と、クルクルにチェンジ。

「ちっくしょ〜、陽が昇っちまうよ・・・・」

そう思ったとき、クククッとクルクルに乗った。

「よっしゃ、ちっこいけど高知シーバスGET!」

くるくるくるくるくるくるくる・・・・・・

「軽いやっちゃな〜♪」

くるくるくるくるくるくるくる


















mekki.jpg

あ゛〜っ!!












なんじゃこりゃ、見たこともない










とりあえずシーバスではないじゃないか。

(これがメッキって魚らしいですね。)

もしかしてこのナブラの基はみんなこいつ?

がび〜ん。。。。。。。。


いまさら移動しても朝マズメのシーバスは難しく、

せっかくよさこい前にナイトゲームまでしたのに。。。。。。。。。。

このまま黙って引き下がれるかってんだ。



陽が昇ってからは因縁の仁淀川の徹底調査。

土手を下りて車を泊めてから水辺まで何百メートルもある川原を歩いたり、

崖を下りる細い釣り人の道をおっかなびっくり下りていったり、

車が走れるギリギリ細い道を入っていってみたり。


そのうち雑誌で見た一級ポイントの写真の場所を発見したけど、対岸だったりなんかして。

その当時使ってた3980円のロッドではもちろん川の半分までも届かない。


さらに車でウロウロしてるうちに「きっとここに違いない♪」という車の下り口を発見♪

そろりそろりとゆっくりと車で下りていくと両脇の草が伸び放題に伸びていて、

開けてる窓から入ってきて顔にぶち当たってくる。

「非常事態発生、非常事態発生!」

パワーウインドーを急いで上げるけど、急いで上がらないのがパワーウインドーだ。


まぁ、草が窓から入ってくるほど細い道ではあるけど、

草が伸びてなければ3ナンバーでも余裕で走れるくらいの道幅だ。

「進め、進め〜!」

伸びきった草を掻き分け、ついに川原がみえた。

「ん?このまま川原に下りたらちょっとやばいかなぁ・・・・」

坂が急なので川原へ下りる場所の角度がきつく、車の鼻面を思い切り擦りそうだ。

しかも川原の砂利が微妙に軟らかそうな









「Uターンしたほうがいいかなぁ・・・・」

バックミラーを見ると草しか見えない。

しかも途中一ヶ所すごく狭い90度クランクがあり、

バックで戻って縁石のブロックでタイヤの側面を擦ったらパンクしかねない。

川原には車が走った痕が間違いなくあるし、

とりあえず川原に下りてやばそうだったら

スピードを落とさず惰性でUターンして戻ることに。


「よし、行くぞぉ〜。1、2、3!」

ブォッグシャ〜ッ!

走る間もなく、もの凄い音を立てて車が止まった。

ブォ〜、ブォ〜ッ!
グワ〜シャシャシャシャシャ〜ッ!

「やっちゃった。。。。。。。。」


車の鼻面が激しく砂利に突き刺さり、車体の下は砂利で埋め尽くされてる。

慌てて車体の下の砂利を掻き出してみると、砂利の下から水が湧き出てきた・・・・。

「あ〜、JAFさんですか?」

電話するしかないでしょ。

お盆真っ只中ということでかなり待たされてようやくJAFが来た。

「はまっちゃう人、よくいるんですよね。」

私も例外ではない。


助け出されたときにはタイムアップ。

よさこい前日入りで石に埋もれに来た男。

思い出はできた♪

まさに、沈没。。。。。。。。




で、昨年はお盆が忙しすぎて高知行き断念だんねん。。。。。




そんなこんなの因縁があって、「今年こそ!」と今年も思って行ってきたわけです。

そんなエピソードを踏まえてから、ぜひ今年の話を読んでいただきたい。

もう書きくたびれたけど。(笑)




07年高知遠征報告はまた今度♪

って、やっぱり話が長いな〜。

いつになるやら。(笑)

posted by 糸がもつれてお祭り男 at 00:11| 岡山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 調査報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
がはははは〜♪(^○^)
かなり長文だったので、今年分まで行くのか心配してたら・・
やっぱり持ち越しだったっすね!?核爆
しかし相変わらず、アホな?釣行してまんなぁ〜??笑
なかなかスタックする様な場所まで行かないっすよ!?(^m^)
ま、身を挺してネタ作りする姿勢、見習わねば。。爆

ってかCより、メッキの方が良い様な・・・
GTっすよ!?GT!!爆
ってより高知の河口なら、赤目ってのも居るっすよ!?
それなりのタックルで挑まれた方が、万が一?掛かった日には、
10年コースで通う羽目に成るかも!?笑

取り敢えずこの週末、予定通り近場見回りは慣行しました。
例の場所には餌師の方が居たので、少し下流側で様子見・・
いまいち雰囲気ないので、出たついでに児島湾へ。
で、即ヒットしたんすが、、ドラグ出されまくって、、
沖で飛んだ姿がやっぱ平たい。。号泣
やたらと多いって聞いてたんすが、まさか自分が掛けるとわ。。(T_T)爆
30分の格闘?でリーダーまで入れて、触るの嫌なので切りました。
エイ、すまん!!!爆
ま、PEは高切れしなかったし、ロッドの限界も分かったし??
ってかロッド、下手したら腰抜けたかも。。(T_T)
Posted by taka at 2007年10月02日 01:02
いろいろあるでしょ?
これだから遠征はや〜められまへんなぁ〜♪

赤目居ましたよ!
いろいろ投げてみたけどまったく無視されました。

釣りにはいい季節なんだけど、
釣り人が多すぎて移動を強いられることが多いんですよねぇ。。。。
遠征して釣り人がびつちり並んでんの見たら、
右から順番に突き落とそうかと思ってしまいます。(笑)

今年もエイ多いんですねぇ?
ま、そんだけベイトやシーバスちゃんも入ってきてるんでしょけど。
Posted by ツレンノンジャー at 2007年10月08日 20:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58296444

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。