部屋を暗くしてF11ボタンで全画面表示にすれば映画館気分!?

2006年10月18日

女神が斧もって「オーノーッ!」 10月3日調査

先に結論から言ってしまうと、
6月に続いて9月もボウズ。
あ〜めん、ち〜ん♪

報告書を書く暇がないから書いてないけど、
ちょろっとずつは行ってたりなんかしてたんだけどなぁ。







ほんっと、一般的には「いい時期♪」って言われてんのに、
釣れない!

前回のボウズも6月だったし。
さすがツレンノンジャー、
本領発揮。。。。。







きっと釣りに行ってる場所とタイミングが全然ダメなんだよな。
その時期ってボイルしてるの見たことないし。

つ〜か、イナッコシーズンぐらいしかボイルなんて見んけど。

そんな時期はボイルしとっても釣れんけど。。。。。。







そうそう、先日の報告書のコメントで
takaちゃまんさんに指摘されてやりとりしたみたいに、
最近は釣行回数が激減したうえに時間も短いから
ついつい自分の実績があるとこへ行っちゃうんだよなぁ。
おまけに実績のあるアクションに頼ってしまう。
だから釣れなくなるととことん釣れなくなるんだよなぁ。






てなわけで、月も替わったんでツキも変わらんかな。
そんなこと思いながら、最近行ってない場所に行ってみた。







最近、雨がちょくちょく降ってるんで桜橋へ♪
しかも型よりも数が期待できるといわれる東岸。
とにかく釣らんとな。

数より型が期待できる場所だろが、
型は小さくても数が期待できる場所だろが、
釣れんもんには釣れんのだけど。。。。。







桜橋に到着するとすでに先行者が。
「釣れてるのかなぁ?」と土手の上から見ていると、
たまにガッツリあわせるアクションをするけど
釣れてるようにはない。







思ったほどボラっちが跳ねてないのが気になるけど、
とりあえず桜橋のすぐ下流側の水門前でキャスト開始♪







ここはほとんどやったことないエリアだけど、
初めて来たときに15分ほどで岸際の敷石の上で1匹GETしたという
とてもとても幸運のエリア♪
あ〜、今日も幸運の女神が現れてくんないかなぁ。

【LEG AVENUE (レッグアベニュー)】美の女神コスチューム/白のプリーツドレス品番83158
美の女神コスチューム

「あなたがリリースしたのは金のシーバスですか、銀のシーバスですか?」
「わたしがリリースしたのは、女神様、あなたです!」
「いや〜ん♪」
みたいな?
ぬはははは、腕白でもいい、たくましく育って欲しい、バカ丸出しハム♪







しゅっ、くるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくる、
しゅっ、くるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくる、
しゅっ、ぷかぷかちょんちょんぷかちょんちょんくるくるちょんくるくる、
しゅっ、く〜るく〜るく〜るちょんちょんく〜るく〜るちょんくるくる、

「うんともすんともなんともかんとも反応ないなぁ。
だいたい、今日はボラっちからして少ないし・・・・。」







「こんばんは♪」
ツ「おっ、女神様か!?」
桜橋の先行者ですから。

ツ「釣れました?」

先「いや〜、釣れなかったんですけど、
ガツンとアタリがあってどんどん糸だされて、
最後はフックをのされましたよ。」

そう言って見せてくれたルアーは、
ツレンノンジャーもご愛用のダイワTDバイブレーション(ラトル入り)。
このブログでも度々登場してる、あれ。

「これを使っているということは読者か!?」
と思ったけど、それには触れずにおいた。

それにしてもあのルアーのフックが伸びるとは、恐るべし。
たぶんエイでしょうね。







釣り人と別れた後もしばらく頑張ったけど、頑張った甲斐なし。
下心を見破られたのか、女神は現れない。

ブサイクな女神が現れて、
「金のシーバスと私、どっちがいい?」
なんて迫られても困るが。







かわいい女神様を求めて・・・・
いや、シーバスを求めて上流へとラン&ガン。
まったくの無反応&薄い魚影にも挫けず、キャストキャストキャスト。







月夜

こういう月明かりの明るいときってスレてることがあるっていうもんなぁ。
水も澄んでるんだから、
トップを引いてても川底からドーンッと来そうなもんなんだけどなぁ。

デジカメ持ってきたけどメディアを入れ忘れて携帯のカメラ。
きれいな月夜なのに粗い画像で残念無念。







そうこうしているうちに新京橋下流の合流部へ。
ここはツレンノンジャーが超期待するエリアのひとつ。

旭川が県庁前水門のところで3本に分かれて再度合流する場所で、
この上流は一気に明るくなるし浅くもなる。
合流部分だから流れと地形の変化も豊富だし、
砂浜のシャローがあるのもとりあえずここまで。

条件が揃いまくってて爆釣を信じているのに自身の釣果はゼロ。
近くに車を止めにくくて釣行回数が少ないせいもあるだろうけど、
いつ釣れても不思議ないくらいの場所なのに。







今日はここがツレンノンジャーの墓場。
ここまではラン&ガンしてきたけど、ここはあの手この手で攻めまくる。







まずはトップでもあもあ引き波を立てる。

さらにトップをポコポコとスプラッシュ。

(世界名作劇場)プチピックアップS 『フランダースの犬』パトラッシュ(座り)

それはパトラッシュ。







そしてS字形でくねくねとモンローウォーク。

EVERGREEN オーシャンフリート・シードライブ #711 マイワシ

シードライブはバカ高いルアーなので、
なんでもないとこへのキャストからして慎重になる。
フルキャストした瞬間にラインブレイクして飛んでってしまうなんて、
飛んでるのにとんでもない話なのだ。







シードライブを立ち位置の護岸際にキャスト。
ストラクチャーに居ついた個体を引き剥がすには最適のルアーらしい。

ひゅっ!
ちゃぽっ!
「よっしゃ、際々♪」
際から20cmほどのとこに見事に着水。

くるくるくる・・・
「あら、あららら・・・・」
チャバッ、ガラガラガラ・・・・・。
立ち位置の護岸が丸くカーブを描いて突き出しているので、
際々に着水したシードライブちゃんが上陸、
コンクリの上を引きづられている。

「おわっ、高いルアーが残酷な目に!」

ご利用は計画的に♪







シードライブ効果も全くなく、
フローティングミノーのSL14をすいすいす〜。

「おかしいな〜、そろそろ爆釣のはずなのに。」
って、どこまでずいずいずっころばしじゃ。
いや、ずうずうしいのじゃ、ごまみそずい♪
『ごまみそずい』ってなんなんじゃ。







このへんになってくるとあきらめムードが漂い始める。
久しく釣れてない時はそんなもんだ。

ラブホ

対岸のラブホの明かりが虚しさに輪をかける。

「お〜、女神様、シーバスなんていいからあそこで休みませんか♪」







アホごとの世界に入りかけながら、
さらに深場を攻めるべく、定番中の定番、ラパラCD9にチェンジ。
ラパラカウントダウン CD9
あんまり際々の沈み岩がある場所を攻めるのはロストの危険があるけど、
容赦なく際々へキャスト。

ひゅっ!
ちゃぷっ!
「おおっ、これまたお見事なほど際々♪」

ということは当然




チャボッ、カラカラカラカラカラカラ・・・・。(笑)

だから曲線の護岸であんまり際々に投げるなっつの。
まぁラパラCDくらいならシードライブほど悲しくないからいいけど。







気を取り直して再度、護岸際へキャスト。
っつ〜か、あんなチャブチャブガラガラ言わしまくってたら
居付きのシーバスも警戒するどころか、どっか行っちまってるっつの。(笑)







くるくるくる、くんっ。

「ほれ、みてみぃ〜、岩に根掛かったら無駄死にじゃ・・・・」

ぷるん、ぷるん、ぷるん、ぷるんっ♪

え?

あ?













書】魚かな.gif











ぷるん、ぷるん、ぷるん♪

「わ〜おっ!魚じゃ魚じゃ♪」

と喜びながらも、なんか微妙な喜び方なんだよなぁ。
シーバスにしては、このくねくねしたヘッドシェイクの感触が微妙なのだ。

「ナマズ・・・・じゃねぇか?」

シーバスにしてはトルクがないというか歯切れが悪いというか、
ロッドに伝わるサイズのわりになんとも頼りなげな感触。

「まぁええか、外道でも。ブログ的にはそっちのほうが笑えるし。。。。。」

どうにも気の入らないやり取り後、あっけなくランディング。







シーバス1003

おおっ、やった、シーバスではないか♪
55cmか。
前回のお盆に釣ったシーバスくんはちびっこだったから・・・・・
7月1日?
げっ、丸3ヶ月ぶりのまずまず君ではないか。







よ〜し、これからラパラCD9で連チャンモード突入だ!












って、やっぱり?

“連チャンモード”というよりも〜、“打ち止め”という感じ。。。。。。
ぷぷ〜っ・・・・・・。
(と、毎度の三枝師匠風。)







こんないいエリアに一匹しかいないとは思えんけど、
まぁ、釣ったのは岸際についてた個体だからな。
真夏のデーゲームじゃないんだから、
岸壁ジギングみたいに連発はしないか。







てなわけで、本日は“見事”1匹釣って納竿♪
“見事”ってとこを強調しとかんとね。
腕前が“見事”なんじゃなく、釣れたのが“見事”なだけなんだけど。

“見事”っつ〜か










書】無事とか.gif







書】めでたく なんて.gif

そんな感じ?







「釣れるはず」と思ってた場所で釣れたことが、

書】喜び組.gif

って、“組”は・・・・いらんだろ。







あほくさ。







書】かえろ。.gif
posted by 糸がもつれてお祭り男 at 01:00| 岡山 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 調査報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

『釣りバカ日誌』ロケがやってくる!







新聞でみましたよ!
ついにあの釣りバカが岡山にやってくる!







って、「釣りバカ」って呼ぶのもなんだけど。(笑)







釣りおバカさんがやってくる!(笑)







どこまでバカにしてんだって感じだなぁ。







で、その釣りバカがなにしに来るのかっつ〜と、
もちろん映画のロケ♪







私は、ボケ♪







まぁ、わたくしツレンノンジャーといえば
2チャンネルでも「岡山の恥じ」と言われるほど、
岡山の代表的釣り人の一人。







釣り人というよりブログ活動のほうが力はいっちゃってるけど。
力んでるっつ〜か♪







どの道この道あぜ道モコミチ、
いまや英語の怪しいリンクコメントをされるほど(もちろん削除済み)
海外からも注目されている釣り人ブロガー。
ロケにあたって出演依頼なんか来ちゃったらどうしましょ♪

新幹線で県外に出掛けるときは荷物に振り出し竿を忍ばせ、
もちろんリールもルアーも忍ばせているという釣りバカぶり。
長い筒の図面ケースを持ってるときは玉網も持ってますから。
間違いなく。







『釣りバカ日誌』というよりも〜、

『釣りバカ丸出し』という感じ♪

(by三枝師匠)







まぁ、冗談はさておき、
釣りバカの浜ちゃんといえば
スナフキンと並んで一度はぜひ会ってみたい釣り人なんで、
ロケに出くわすといいなぁ♪







って、ツレンノンジャーが釣りするような場所では
絶対にロケなんかやんないですから。(笑)







どこで釣りすんのかなぁ〜♪
なに釣んのかなぁ〜♪

楽しみだなぁ〜♪








書】合体

みたいな?
posted by 糸がもつれてお祭り男 at 23:21| 岡山 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常日記】釣間仙一37歳独身 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思いつきで思いきって遠征♪9月24日調査報告





どっぷりスランプにはまったDr.スランプ、
いや、ツレンノンジャー。

「明日はどこ行くかなぁ〜」と考える23日土曜の夜。
しかし、あんまり9月中旬から10月中旬って岡山で釣った記憶がない。
いいころいい頃のはずなんだけど・・・・。






「福山やら相生やらに遠征してなら釣ったことあるんだけどなぁ。」
パソコン開いてクーラーボックス(写真のファイル)をみると、
確かに岡山では釣れてなくてプチ遠征で釣果をあげている。
秋になるとついついボイル祭りを求めて遠征してしまうのであった。
ボイルに出会っても釣れたことないくせに。。。。。。。











「久しぶりに神戸でも行っちゃおっかな〜」












神戸に行ったからって釣れるわけじゃないんだけどね。
それに、今が陸っぱりで釣れるかどうかもわからない。

事実、神戸には6〜7回は行ったと思うけど、
釣れたのは一匹だけ。

でも、大ボイル大会には二度遭遇した!

船底につくシーバスの群れに遭遇したことだってある!

存分に楽しんでるのだ♪

釣れないんだけど。。。。。。












「行っちゃえ!気分転換になるし♪」












そんな思いつきで神戸に来ちまったのはいいんだけど、
どこに行けばいいのかわからない。

名前を聞いてもわからない。

♪にゃんにゃんにゃにゃ〜ん、にゃんにゃんにゃにゃ〜ん、
♪泣ぁ〜いてばかりいる子猫ちゃん〜
バート・バカラック・プレイズ・ヒズ・ヒッツ《バート・バカラックMCAコレクション》
『何かいいことないか子猫ちゃん』






過去に神戸に来たのは10〜11月だから
9月の神戸はまるで状況がわからない。

「とりあえず、安定感のありそうな摩耶埠頭奥にでも行ってみるか。」

ここはシーバス研究所陸っぱり調査でも朝マズメで調査していた場所。
最終回でも最後の最後に訪れてたっけ?
美術館裏って言ってたかな?
釣れなくても魚影はあるし、釣り人もいるし、状況を伺うにはいいかも。






夜明け前到着。
ぼちぼち準備をしていると夜空が明るくなり始めた。

出陣












帯は西陣。












ごほっ、ごほっ!












期待に胸をFカップにして、とことこと水辺へ向かうと・・・・

「はら?釣り人がいない・・・・・」

ここの釣り人は近所のおっさんぽい人が多いだけに、
『釣り人いない=釣れてない』という方程式が成り立つ。

嫌な予感がしながら早速常夜灯の停泊船周りを攻める。
しゅっ、くるくるくるくるくるくる、
しゅっ、くるくるくるくるくるくる、






「こんなとこでなにが釣れるの?」

散歩のおっさんに声かけられた。

「スズキですよ♪」と、愛想のいいツレンノンジャー。

「毎日ここを散歩するけど、こんなとこで釣ってんの見たことないよ。」






なぬ

そんなはずはない。

「だいいち、こんなとこ水が汚くて喰えんぞ。沖のほうなら喰えるけどな。
今でこそ少しはマシになったけど、昔はここはヘドロまみれで・・・・」

「お、お、おっさん、その話は長くなるんかい!?陽が昇るではないか!」
書】心の叫び






おっさんが話してるうちにどんどん明るくなっていく。
ふつうならキャストしながら話しをするとこだけど、
5〜6m目の前に停泊船が横たわっていてキャストできないのだ。
危うし、ツレンノンジャー!
なんのために神戸の朝マズメ狙いで来たのかわからないぞ!






「・・・・で、昔はここは運河でヘドロまみれでな・・・・」

危ない、繰り返しだしたぞ!
♪ネ〜バーエンディングスト〜ォリ〜
●送料無料●マイケルジャクソン ネバーランドTシャツ
マイケルジャクソン
ネバーランドTシャツ






あ、ちがった!
けど、ネバーエンディングストーリーのアフェリエイトなかった。
どうでもいいんだけど。






10分くらいは話しただろうか、やっとおっさんが立ち去った。












脇浜海岸

「さぁ、気を取り直していくぞ!」と、気合をいれてみたけど、
ボイルどころか魚のまったく跳ねない水面にテンションもベタ凪。。。。。
どこを狙っていうこともなく、漫然とキャストを繰り返すツレンノンジャー。






徐々に明るくなってきて、水面がはっきりと見えてくると・・・・

「あらっ!?なんで水が黒いんだ!?」

昨年こそは少雨で赤潮が発生してイワシがあまり入ってこなかったけど、
一昨年来たときはほんとにクリアな水だったのに。
それが今の水はフローティングミノーさえ見えにくい黒さだ。

「そういや、なんか臭いと思ったんだよなぁ。」

幸いベイトの姿は確認できたけど、シーバスが喜んで居そうな水質ではない。

「あのおっさんの言う通り、最近は釣り人もいないのかも。。。。。」

納得






遥か沖には鳥山が見える。

「こっちに来ねぇかな〜」とキャストしながら、

「でも来ねんだろ〜な〜」と心の中で呟くツレンノンジャー。

近づいてくるのは好奇心の強い散歩中の爺婆(ジジババ)だけだ。
釣り人が現れる様子もなく、だんだん期待心も萎えてくる。

萌え〜、
いや









書】萎え






「ちょっち周辺の様子を探るか。」
海面を覗き込みながらとことこと湾奥の方に歩く。
湾奥には小規模河川があるし、
唯一神戸シーバスをGETしたポイントがあるので、
湾奥だからって状況が悪いわけじゃない。
ただ、今日に限ってはどうみても黒い水質だけが気になるんだけど。







「なんじゃありゃ?紙袋か?」






なに?






なになに?






奇形魚

「あれ、魚だろ?」

どう見ても魚には間違いなさそうだけど、
なんとも微妙な色合いだし、
形も熱帯魚のような、下半身がかじられたような、変な形だし、
だいたいなんで横向きに寝転がって漂っているのやら。






しゅっ、ゆるゆるゆ〜・・・・
試しにルアーをキャストして、そいつのそばをスローに巻いてみた。

「お〜、ついて来る、ついて来る、ついて来る〜♪」

べつに喰ってくるわけじゃないけど、
「なんだろな〜」みたいな感じでゆっくりとついて来る。

3〜4回そうやって遊んでるうちにゆっくりと沖のほうに見えなくなった。






「あいつなんだったんだろなぁ〜?奇形魚だったのかなぁ?」

奇形だけに、魚に聞けぇ〜、
いぅ〜たりこして♪






「おっ?」

水面輪

何かが水面をくるくる回ってて波紋ができている。
近づいてみると・・・・

横泳ぎ

弱った小魚が横泳ぎでくるくる回っている。

「こりゃ、水質がそうとう悪そうだなぁ。」






気合を入れてきた神戸の朝マズメが空振りに終わり、次なるエリアを考える。

けど、ほとんど寝てないからウトウト・・・・・・・。































「むにゅむにゅ、ありゃ、もう10時半だ。」
どこかに移動しないといけないけど、寝起きでテンションも上がらない。
だいたい9月の終わりってどこいけばいいのかわからない。
誰も釣りなんかしてないし。。。。。。。。






とりあえず移動>>>>>






135度線

え?
とりあえず移動って・・・・・?

そう、どうも神戸にピンと来るもんがなかったんで、
一気に姫路に移動することにしました。

姫路もまだちょっといい時期には早いとは思うんだけど、
有望な河川や浜がいくつもあるから神戸よりは得意かも。

スランプ野郎にはとにかく気分良く釣りができるのが一番♪






とりあえず加古川で有料道を下りて腹ごしらえ。
寝不足の腹減りでくたくたのふらふらなのだ。

ナビを見ながらマックへ向かう。
「この辺だよな・・・・。」
と思ったら、商店街の中にあるらしくて車で行けない。

「そんな不便なとこに店つくるな!」
自分勝手なことも言いたくなるほどくたくたなのだ。






しかたなく、通りに面したマックへ。
ナビ上で、2号線沿いの反対車線にあるのを発見♪
「反対車線か、入りにくいなぁ。」
と思ったら、ちょうど交差点を右折した角にある。
「ラッキー♪」
車を右折車線に車線変更し、右折・・・・・
「って、あら!?交差点の一軒向こう隣りだから入れんし!」

「アンラッキー。。。。。」
マックの看板が横目の視界から消えていく。。。。。。






すぐに路地に入って回り込もうと思ったけど、迂回できる路地なし。
ナビで見てもず〜っと迂回路なし。
後続の車に突かれるまま、とりあえずまっすぐ走るしかない。
こんな住宅街で北海道のように一本道。






「あ、やっぱ、ここ曲がろ!」
T字路の交差点を通りすぎてすぐ、片側一車線の狭い道で強引にUターン。
で、交差点を左折しようと思ったら交差点に信号がない。

「はりゃ?赤なの?青なの?行っていいの???」

信号がないだけじゃなくて、左折側から車線が交差点内にひかれている。

「なんじゃこの交差点は?わけわから・・・・・待てよ・・・・。」

そう思った瞬間、左折側から思いっきり2台横並びで車が突っ込んできた。
さっき交差点を通り過ぎるまでが対面通行だっただけで、
T字路の他2方向は2車線の一方通行だったのだ。

書】なあほな






狭い2車線の一方通行逆走で加古川市騒然。(笑)
加古川市はほんとに一方通行多すぎ。
よそもんには大変わかりにくいです。
ナビも役に立ちません。

紛らわしい道の作り方すんなっちゅの。
責任者でてこい!






なんとか一方通行をくぐり抜け、2号線に戻ってきたツレンノンジャー。

「あ、な〜んだ、もうちょっと手前なら
こっち側車線のホームセンターにマックがあったし♪」

ホームセンターの駐車場に左折して入り、やっとマックにありつけた







と思ったら駐車場がいっぱいで、
マックからどえらい離れたとこにしか車が止めれない。

「やめたやめた、あほくさ。
ほんま加古川のマックは不便なとこにつくるなぁ。」

またまた自分勝手とわかりながら言ってみた。

「♪あっじぃ〜なことやるぅ〜、マ、ク、ド、ナルドぉ〜」

「やってくれんじゃんかよぉ。」という腹立ちの歌だ。






結局、遠回りしてさっきのマックへ。

ドライブスルーが激込みだったので、車を駐車して店内へ。
日曜お昼のファミリーに紛れて散々待たされ、
ドライブスルーのほうが全然早かった。。。。。。。。

ほんまに味なことやってくれるマクドナルドだ。






日曜の激込みマクドナルドの正しい利用法♪
店内で食べるときもドライブスルーで注文して持ち込みましょう。
そっちのほうが全然早いですよ。
書】マクドなるほど






それにしても朝1時間も釣りしないうちに移動してきて、
マックを喰ってるのが14時過ぎ。
夜中からなんのために遠出して来たんかわからんわ。






飯喰ってようやく元気と機嫌回復♪
いよいよポイントを求めて走り回る。
この時期だし、干潮頃だったので川奥の潮止めよりは河口よりか。
狙っていたテトラは釣り人が並んでたので、ちょっと上流へ。






????Ь??????????

「わ〜お、いいとこ発見♪」

海水と川水がぶつかっているのか、いい感じで斜めに潮目が走っている。
その手前側は海から斜めに波が差し込んできて、
足元で岸にぶつかっている。

「こりゃ、粘ったら絶対釣れる♪」

以前、高梁川でこういう状況の場所に出会い、
連れナンジャーとあわせて7HITさせたことがあるのだ。






「た〜まりませんなぁ〜♪」

ウキウキワキワキでキャストを繰り返すツレンノンジャー。
しかし、当たりすらない。

「粘れば絶対釣れるんだけど・・・・・、たぶん。」






移動♪

まだまだ行きたい場所、夕マズメを迎えたい場所があるからね。
後ろ髪をポニーテールにされる思いのまま移動を決意したのだ。

それって、どんな思い?






市川、夢前川などの様子をうかがって回るも、どうもピンと来ない。
そうこうしているうちに夕マズメも近づいてくる。

「加古川で粘ればよかったかもなぁ〜。他の場所はピンとこねぇや。」

行く当てもなく途方に暮れるツレンノンジャー。
日が暮れる姫路の街。






「白浜海水浴場でも行こっか。」

いい時期にはひと月は早いけど、とりあえず調査することに。
いい時期には爆釣できるとこだけど、今の時期は期待薄?

「楽しけりゃいいのだ♪」

一人だからこそできる決断だ。






白浜0924

到着すると、案の定、釣り人なんかいやしない。
とりあえず波打ち際を観察してみるとベイトは確認できた。

「ベイトがいるならとりあえず投げるか。」

釣れればラッキーだし、
だいいちここをあきらめても行くとこなんてありゃしないのだ。






しゅっ、くるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくる、
しゅっ、くるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくる、
しゅっ、くるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくる、
しゅっ、くるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくるくる、

アタリがあるでもなく、ベイトがぴんぴん跳ねるでもなく、
まったく盛り上がるものはない。

沈みゆく秋の夕日と期待感。。。。。

沈没




どうせシーバスが居ても釣れん野郎ですから。
今日は釣果がなくても今度いい時期に来るときのために、
この遠浅の地形を覚えておくのだ。
そんでもって、今度来たときは・・・・・うっしっしぃ〜♪






自分の腕前を忘れてニヤケるツレンノンジャー。
いや、釣れても釣れんでも、
こんな風景が見られるだけでありがたいのだ。

白浜の夕日






書】感動
書評】まるで感動の涙をこぼしているような“感”の字が素敵♪
じわっと心を動かされている様を表現してみました♪





「きっとまた釣れるときが来るさ♪」
と、爽やかに姫路を後にするツレンノンジャー。
しかし、あと一週間釣れなかったら今月またボウズ。。。。。。。

まさかまた、このいい時期にかよ。(笑)
posted by 糸がもつれてお祭り男 at 01:21| 岡山 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 調査報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。